夏本番・熱中症対策

九州北部では平年より早く6月末に梅雨明けし、
本格的な暑さが続いています。
厳しい暑さには熱中症対策が必須です。

気象庁のデータによると2021年には7月中旬~下旬にかけて各地で梅雨明けし、
梅雨明け後の救急搬送者数は、梅雨明け前の約1.8倍に増加したそうです。
体を暑さに慣れさせる「暑熱順化」をすることが予防の一つになりますが、
暑いなかでの水分・塩分補給(状況により糖分も)は欠かせません。
また、睡眠不足も熱中症リスクを高めると言われています。

私たちの事務所では夏場は空調服の提供、製氷機設置、
現場によってはドリンクを支給して作業にあたっています。
休憩や水分・塩分補給をしながら夏の現場を乗り切りたいですね。
スタッフの皆さん、今日もお疲れさまでした。