【公共工事】福岡市の小学校でキュービクル交換工事

福岡市内の小学校でキュービクル交換工事を行いました。
今回は空調設備の容量増加によるキューピクル内のトランス交換工事です。
福岡市様からの公共工事でした。

作業では停電を伴うため夜間工事となりました。
同時に学校のセキュリティを保つ目的で警備員の手配も行っています。

キュービクルこと「キュービクル式高圧受電設備」は、
発電所から送られる6600Vの電気を施設に合わせた電圧(100Vや200V)に変換し、
安全かつ安定的に供給するための受電設備を収めた筐体(金属の箱)です。

キュービクルは月に一度、もしくは(絶縁監視装置取付の場合)隔月での保安点検が
法令で定められており、年に一度の年次点検も必要です。