高宮南緑地のエレベーター工事を進めています

高宮南緑地(旧高宮貝島住宅)でのエレベーター建設工事を進めております。

写真で扱っているのは「波付合成樹脂可とう電線(FEP管)」で
通称エフレックス(古河電工商品名)と呼ばれています。
軽量で曲げやすく接続しやすい為、地中埋設時の保護管として使われています。
いずれ地中埋設管と接続する為に配管延長作業を行っております。

エレベーターの歴史について調べてみたのですが、
滑車とロープを用いた人力での荷物上げ下ろしをエレベーターの起源とすると、
紀元前古代ローマ時代にまで遡るそうです。
現在に至るまで改良を繰り返し、使い続けられているエレベーター。
新設の為、安全第一で電気工事を進めております。