台風で破損した太陽光パネル取替え工事

昨年九州上空を通過した大型台風による影響で破損した
太陽光発電システムのパネル取替え工事を鹿児島県で行っております。

新型コロナウイルスの影響により海外製品であるパネル製造が遅延しており、
4,500枚中1,000枚の工事を終えたところです。
コロナの収束を願うばかりです。

鹿児島の現場自体は福岡県より暖かいのですが、
今回スタッフが寝泊まりしている築年数の経った借家では
隙間風が入り、寝袋+布団を掛けて就寝しているそうです。
スタッフの皆さん、お疲れさまです。