冠水情報表示板設置

近年、台風による大雨や頻発するゲリラ豪雨により
アンダーパスが冠水し、
侵入車両が立ち往生する案件が発生しています。
福岡市西区に冠水情報表示板の設置工事を進めています。

大雨による被害のニュースでは
「冠水」や「浸水」の文字を目にします。
「冠水」とは洪水や河川氾濫、また大雨などが原因で農地や
道路などの土地が広範囲水に浸かることをいい、
「浸水」は住宅や田畑に水が入り込むこと、
水に浸かることをいいます。

表示板は水位センサーと連動し、水位※に応じて自動的に
通行規制が表示されます。
※設定水位は道路管理者や設置箇所により異なります

集中豪雨が頻発する今、
冠水情報表示板は事故防止に重要なシステムです。
今日もお疲れさまでした。