はじめての でんきこうじ

新型コロナウイルス感染予防での自粛期間中に
スタッフのお子様が『はじめてのでんきこうじ』に挑戦しました。

自宅でのコンセント増設工事です。

「ぼくもやりたい!」と手伝ってくれました。
”はじめてのでんきこうじ”はネジ回しです。
手元から真剣さが伝わってきますね。

公的機関の調査資料として、国立青少年教育振興機構の
「子どもの体験活動の実態に関する調査研究」報告書〔概要〕でも
『子どもの頃の体験が豊富な大人ほど,やる気や生きがいを持っている人が多い。』
という結果が報告されています。

子どもたちの「やりたい!」と思う気持ちを尊重して、
様々な体験をさせられたら良いですね!
今回のように親の仕事に興味を持つことは、
子どもたちがいつか働くときにも役立ってくれるはずですキラキラ
親もこうだったと重ねたり、同じ職業に就くこともあるでしょうし、
違う職業を知るきっかけになるかもしれません。

一仕事終えて小さな電気工事士さんも大満足!
未来の業界を牽引する存在になるかもしれませんね。