福岡市での信号機取替え工事

福岡市で信号機の取替え工事を行いました。

全国的に信号機や信号柱の老朽化が問題となっているのをご存知でしょうか?

警察庁では平成25年に取りまとめられた「インフラ長寿命化基本計画」に基づき、

「警察庁インフラ長寿命化計画」が策定されています。

ここでは、信号機の更新期間は設置から19年としており、

平成28年度末時点では全国で約2割にあたる4万5千基の信号機が

更新期間を過ぎていると言われています。

※インフラ:経済活動、社会生活の基盤として整備される施設を指す



安全で円滑な交通環境維持の為、

弊社でも信号機取替えのお手伝いをしてまいります。